計算機工学特論

科目基礎情報

学校 有明工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 計算機工学特論
科目番号 0074 科目区分 専門 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 1
開設学科 電気工学科 対象学年 5
開設期 後期 週時間数 1
教科書/教材 自作プリント,参考書:「アセンブラ言語 CASLII」;東田幸樹ほか/工学図書株式会社
担当教員 尋木 信一

到達目標

1.アセンブラ言語CASLIIを理解できる
2.ICT技術のトレンドについて理解できる

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1アセンブラ言語CASLIIを理解し,それを用いて応用プログラムを作成できる.アセンブラ言語CASLIIの基本的な命令を理解できる.アセンブラ言語CASLIIの基本的な命令を理解できない.
評価項目2最新のICT技術のトレンドについて理解できる.これまでのICT技術の基本的な発展の流れを理解できる.これまでのICT技術の基本的な発展の流れを理解できない.
評価項目3

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 B-2

教育方法等

概要:
計算機工学特論では,コンピュータ内部,特に CPU の仕組みと基本的な動作を理解することが目標である.具体的には,アセンブラ言語の基本,及びアセンブラ言語を用いたプログラミングの基本的手法の理解することである.
授業の進め方と授業内容・方法:
注意点:
限られた授業時間内では充分な技術は身につかない.授業中に出す課題を中心に,休み時間や放課後を利用して積極的に演習を行なうことで理解を深めて欲しい.

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 コンピュータおよびICT技術の概要1 主要な CPU や OS について説明できる.
2週 コンピュータおよびICT技術の概要2 デスクトップからモバイル端末まで,最近のコンピュータやICT技術のトレンドについて説明できる.
3週 アセンブラ言語 CASLII の概要 COMMETII の仕様について説明できる.
4週 ハードウェア COMETII の仕様 数や文字の表現方法を説明できる.また,CPU のレジスタ構成を説明できる.
5週 アセンブラ CASLII の書き方 定数,領域の確保,非実行文の書き方を,それぞれ説明できる.
6週 CASLII の命令1 CASLII の命令形式を説明できる.また,ロード・ストア命令,ロードアドレス命令を説明できる.
7週 CASLII の命令2 算術演算命令,論理演算命令を説明できる.
8週 【中間試験】
9週 プレゼンテーションの準備 既存のICT技術を理解し,それらを組み合わせて新たな製品を提案して発表するための準備をする.
10週 プレゼンテーション1 提案する製品を発表することができる.
11週 プレゼンテーション2 提案する製品を発表することができる.
12週 CASLII の命令3 比較演算命令,シフト演算命令を説明できる.
13週 CASLII の命令4 分岐命令を説明できる.
14週 CASLII の命令5 スタック操作命令,コール・リターン命令,マクロ命令を説明できる.
15週 【期末試験】
16週 応用プログラミング CASLIIを使った応用プログラミングについて理解できる.

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合60000400100
基礎的能力4000030070
専門的能力2000010030
分野横断的能力0000000