体育実技

科目基礎情報

学校 有明工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 体育実技
科目番号 0089 科目区分 一般 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電気工学科 対象学年 5
開設期 後期 週時間数 1
教科書/教材 イラストでみる最新スポーツルール(大修館書店)
担当教員 井上 仁志

到達目標

1.生涯を通して運動に親しむ態度を育て,各運動に必要な技能の習得及び体力の向上を図 ることができる
2.ネット型の球技でサーブやラリーができる
3.ターゲット型の球技で意図したところに打つことができる

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1「生涯スポーツ」とい う考え方を理解し,た くさんのスポーツに積 極的に参加することが できる「生涯スポーツ」とい う考え方を理解し,社 会人になっても健康 的に過ごせるよう積 極的にスポーツに親 しむことができる「生涯スポーツ」とい う考え方を理解でき ず,スポーツに積極的 に親しむことができ ない
評価項目2ネット型の球技のルー ルを理解し,基本的な プレーの応用がゲーム でできるネット型の球技のル ールを理解し,基本的 なプレーができるネット型の球技のル ールが理解できず,基 本的なプレーができ ない
評価項目3ターゲット型の球技の ルールを理解し,基本 的なプレーができるターゲット型の球技 のルールを理解し, 10m 程度であれば意 図したところに打つ ことができるターゲット型の球技 のルールを理解でき ず,10m 程度であっ ても意図したところ に打つことができな い

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 A-1

教育方法等

概要:
運動を行うことにより,運動することの楽しさや喜びの実感,運動に必
要な技能の習得及び体力の向上を図る.
主体的に運動に取り組む姿勢や,生涯を通して運動に親しむ態度を育 て,各運動に必要な技能の習得及び体力の向上を図ることができる
授業の進め方と授業内容・方法:
実技中心に進める
実技テスト,ルールテスト有り
注意点:

体力テスト評価 20%, ルールテスト評価 60%、ポートフォリオ20%で総合評価とする

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 シラバス説明 シラバスの内容を説明できる
2週 新体力テスト,集団行動 自分の現在の体力を確認できる,号令に合わせ て(集団で)行進や方向転換などができる
3週 新体力テスト,集団行動 自分の現在の体力を確認できる,号令に合わせ て(集団で)行進や方向転換などができる
4週 ゴルフ(雨天時卓球) アプローチ等を意図したところに落とせる
5週 ゴルフ(雨天時卓球) アプローチ等を意図したところに落とせる
6週 実技テスト
7週 卓球(雨天時に卓球をし ていた場合は晴天時ゴ ルフ) ダブルスで試合ができる
8週 卓球(雨天時に卓球をし ていた場合は晴天時ゴ ルフ) ダブルスで試合ができる
9週 実技テスト
10週 テニス(雨天時バドミン
トン)
ラリーからボレーや スマッシュなどを打つことができる
11週 テニス(雨天時バドミン
トン)
ラリーからボレーや スマッシュなどを打つことができる
12週 実技テスト
13週 バドミントン(雨天時にバドミントンをし ていた場合は晴天時ゴテニス) ハイクリア,クリア, ドロップと打ち分けることができる
14週 バドミントン(雨天時にバドミントンをし ていた場合は晴天時ゴテニス) ハイクリア,クリア, ドロップと打ち分けることができる
15週 実技テスト
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合80000200100
基礎的能力80000200100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000