地域協働演習Ⅰ

科目基礎情報

学校 有明工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 地域協働演習Ⅰ
科目番号 0018 科目区分 専門 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 1
開設学科 建築学専攻 対象学年 専1
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 適宜プリント配付
担当教員 加藤 浩司,松岡 高弘,金田 一男,近藤 恵美,岩下 勉,下田 誠也,藤原 ひとみ,正木 哲,窪田 真樹

到達目標

1.工学の基礎的な知識・技術を駆使して調査を企画・実行し,データを分析し,工学的に考察できること。
2.学習成果を,図表を用いて論理的に説明できること。
3.限られた時間の中で,課せられた課題に対処できること。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1工学の基礎的な知識・技術を駆使して的確に調査を企画・実行し,データを正確に分析 し,工学的に深く考察できる。工学の基礎的な知 識・技術を駆使して調査を企画・実行し,データを分析し,工学的に考察できる。企画・実施した調査の内容,もしくは,得られたデータの分析に重大な欠陥がある。
評価項目2学習成果を,適切な図表を用い,明快かつ論理的に説明できる。学習成果を,図表を用いて論理的に説明できる。学習成果を,図表を用いて論理的に説明することができない。
評価項目3限られた時間の中で,課せられた課題に対し,的確に対処できる。限られた時間の中で,課せられた課題に対処できる。限られた時間の中で,課せられた課題に対処することができない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 A-3, 学習・教育到達度目標 B-3, 学習・教育到達度目標 B-4, 学習・教育到達度目標 C-1, 学習・教育到達度目標 C-2

教育方法等

概要:
 荒尾市地域再生事業では,まちなか研究室を中心とし,多世代が織りなす活き活きとしたコミュニティが再生されつつある。そこで,本科目では,まちなか研究室及び周辺の環境整備について考える。
 具体的には,まちなか研究室及び周辺環境の状況について実践的な課題を見出すための調査を企画・実施する。
授業の進め方と授業内容・方法:
 授業は,放課後や長期休暇中に行う。授業担当教員の指示に応じて製作の準備や作業,レポート作成,発表会の準備などを行う。授業時間外にも,積極的に現場に赴き,情報収集活動に努めること。
注意点:
 本科目は,建築系の科目であるが,そこで必要になる知識・経験は建築の枠に留まるものではない。従って,建築界の動きはもちろん,日常の社会的問題にも常日頃から目を向けていることが必要である。特に,地方都市をめぐる問題への認識が求められる。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 オリエンテーション 本科目の目的と構成,進め方,ならびに評価方法等を知る。
2週 調査対象地の現状 調査対象地の現状を説明できること。
3週 まちなか研究室をめぐる動向 まちなか研究室をめぐる動向を説明できること。
4週 地域の団体との交流 地域の団体との交流を通じて,荒尾市地域再生事業について理解できること。
5週 地域の団体との交流 地域の団体との交流を通じて,荒尾市地域再生事業について理解できること。
6週 現状把握の成果と今後の取り組み方針の確認 多面的に現状を理解した上で,今後の取り組み方針を説明できること。
7週 調査の企画 課題解決のために必要な調査を,主体的な取り組みにより企画できること。
8週 調査の企画 課題解決のために必要な調査を,主体的な取り組みにより企画できること。
9週 調査の企画 課題解決のために必要な調査を,主体的な取り組みにより企画できること。
10週 調査の実施 課題解決のために必要な調査を,主体的な取り組みにより実施できること。
11週 データ分析と考察 調査で得たデータを適切な方法で分析し,適切な方法で考察できること。
12週 データ分析と考察 調査で得たデータを適切な方法で分析し,適切な方法で考察できること。
13週 データ分析と考察 調査で得たデータを適切な方法で分析し,適切な方法で考察できること。
14週 プレゼンテーション資料づくり 視覚的かつ論理的で,わかりやすいプレゼンテーション資料が作成できること。
15週 発表会と最終総括 論理的で,わかりやすいプレゼンテーションが
できること。
16週
後期
1週
2週
3週
4週
5週
6週
7週
8週
9週
10週
11週
12週
13週
14週
15週
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合00001000100
基礎的能力0000000
専門的能力000070070
分野横断的能力000030030