創造工学実験実習

科目基礎情報

学校 有明工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 創造工学実験実習
科目番号 0003 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 創造工学科 対象学年 1
開設期 後期 週時間数 前期:0 後期:1
教科書/教材 適宜
担当教員 石丸 智士,清水 暁生,伊原 伸治,藤本 大輔,坂本 武司,嘉藤 学,ゴーチェ ロビック,下田 誠也

到達目標

1.実験・実習の内容を理解し,その目的に沿って手順に従い,実行できる
2.実験・実習の経過,結果について,基本的なレポートの記述方法に従い作成して提出できる
3.各専門コースと実験・実習内容との関連を理解し,説明できる

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1実験・実習の内容を十分に理解し,それを手順に的確に,正確に実行できる実験・実習の内容を理解し,それを手順に沿って実行できる実験・実習の内容を理解できず,それを手順に沿って実行できない
評価項目2実験・実習のレポートをその記述方法に的確に従って作成し,提出できる実験・実習のレポートをその記述方法に従って作成し,提出できる実験・実習のレポートをその記述方法に従って作成できず,提出できない
評価項目3各専門コースと実験・実習との関連を十分に理解し,正確に説明できる各専門コースと実験・実習との関連を理解し,説明できる各専門コースと実験・実習との関連を理解できず,説明できない

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 B-3

教育方法等

概要:
本校の専門6コースの基礎的な内容を具現する実験・実習テーマを設定し、1年生の時期から工学的な現象を体験し、工学に対する興味と関心を高めるとともに、実験データのまとめ方やレポート作成に関する基本的な方法を身につける。また,専門6コースの内容と実験・実習テーマとの関連性を理解させる.
授業の進め方と授業内容・方法:
クラス毎に班編成し,順次巡回方式で各コース2週で全6コースの実験・実習を実施する(12週分).なお第1週は総合ガイダンス,第2週は安全教育,レポートの書き方や関数電卓の使用方法などの共通授業,第15週はまとめを実施する.
注意点:
下記授業計画の3週〜14週は,班によってその順序が異なる.評価はレポート100%で評価する.

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 総合ガイダンス 本科目履修の目的と概要を把握できる.各コースの実験・実習内容の概要を把握できる.
2週 安全教育,レポート作成ガイダンス,関数電卓実習
実験・実習の安全意識を高め,実験・実習レポートの作成方法,関数電卓の基本的な使用方法を理解できる.
3週 エネルギーコース(1)電気エネルギー変換 電気エネルギーから動力への変換方法について,実験を通して理解できる.
4週 エネルギーコース(2)電気エネルギーの消費とオームの法則 電気エネルギーとオームの法則との関係について,実験を通して理解できる.
5週 応用化学コース(1)香り成分の合成実験  基本的な化学反応のメカニズムについて、実験を通して理解できる。
6週 応用化学コース(2)染料による染色実験  基本的な化学の現象のメカニズムについて、実験を通して理解できる。
7週 環境生命コース(1)味覚の生理学実験 味覚をもたらす物質の違いを理解できること。物質の構造変化により味覚受容の違いが起こることを理解できる。
8週 環境生命コース(2)タンパク質の変性実験 体を構成するタンパク質が熱や酸・塩基によってどのような変化をおこすのか、実験を通して理解できる。
9週 メカニクスコース(1)工作機械による金属加工の見学 工作機械の名称と機能を理解できる.
10週 メカニクスコース(2)手作業による金属加工の見学 手作業で使用する工具の名称と機能を理解できる.金属の切断・接合の方法を理解できる
11週 情報システムコース(1)プログラミング体験(1) ピコクリケットの基本的な使い方をマスターし,電子部品(モータ、タッチセンサなど)の機能を理解できる.
12週 情報システムコース(2)プログラミング体験(2) プログラムの基本構造(順次,条件、繰り返し)を理解し,ブロックを組み合わせてプログラミングできる.
13週 建築コース(1)概要説明および構造物の作製および測定(1)
課題の概要を理解することができる.
構造物を作製して,高さおよび強さなどについて確認することができる.
14週 建築コース(2)構造物の作製および測定(2)
構造物を作製して,高さおよび強さなどについて確認することができる.
15週 創造工学実験実習のまとめ 体験した6コースの実験・実習を各コースの専門に関連付けて説明できること.
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合00001000100
基礎的能力00001000100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000