経済学

科目基礎情報

学校 北九州工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 経済学
科目番号 0111 科目区分 一般 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 生産デザイン工学科(共通科目) 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 使用しない
担当教員 畔津 憲司

目的・到達目標

1)自己が主体的に参画していく社会について、基本的人権や民主主義などの基本原理を理解し、基礎的な経済のしくみを説明できる。
2)世界の人々が協調し共存できる持続可能な社会の実現について人文・社会科学の観点から展望できる。
3)経済に関するメディア情報を適切に受信・活用することができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1基礎的な経済のしくみを正しく説明できる。基礎的な経済のしくみをおおまかに説明できる。基礎的な経済のしくみを説明できない。
評価項目2持続可能な社会の実現について人文・社会科学の観点から正しく展望できる。持続可能な社会の実現について人文・社会科学の観点からおおまかに展望できる。持続可能な社会の実現について人文・社会科学の観点から展望できない。
評価項目3経済に関するメディア情報を適切に受信・活用することができる。経済に関するメディア情報をほぼ適切に受信・活用することができる。経済・経営に関する基礎的用語及びそれらに関連するメディア情報を理解できない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 F① 歴史・文化・社会に関する基礎的な知識を身に付ける。
学習・教育到達度目標 F② 工業技術と社会・環境との関わりを考えることができる。

教育方法等

概要:
生活の基盤となっている経済の仕組みを学び、卒業後の社会人生活に備える。
授業の進め方と授業内容・方法:
とくに基礎知識は必要としないが、本授業を機会に新聞やニュースを見るように心掛けて欲しい。
注意点:

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 経済と市場 経済、分業、取引、市場の概念を説明できる。
2週 市場経済システム 市場メカニズム、市場の失敗を説明できる。
3週 市場価格 需要・供給の法則、市場価格について説明ができる。
4週 消費者行動と価格戦略 価格戦略の基本について説明ができる。
5週 経済規模の測定 GDPについて説明できる。
6週 景気の測定 景気指標の見方を説明できる。
7週 金銭の貸借取引 利子率、現在割引価値、収益率について説明ができる。
8週 保険の仕組み リスク、保険メカニズムを説明できる。
4thQ
9週 貨幣の仕組み 貨幣の機能について説明できる。
10週 金融政策 マネタリーベース、マネーストックについて説明ができる。
11週 政府の役割と租税 租税の基本を説明できる。
12週 所得税と消費税 所得税や消費税の仕組みを説明できる。
13週 異なる通貨の交換 為替レート、購買力平価について説明ができる。
14週 まとめ(1)
15週 まとめ(2)
16週 定期試験

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
基礎的能力人文・社会科学社会公民的分野自己が主体的に参画していく社会について、基本的人権や民主主義などの基本原理を理解し、基礎的な政治・法・経済のしくみを説明できる。3
現代社会の考察現代社会の特質や課題に関する適切な主題を設定させ、資料を活用して探究し、その成果を論述したり討論したりするなどの活動を通して、世界の人々が協調し共存できる持続可能な社会の実現について人文・社会科学の観点から展望できる。3

評価割合

試験合計
総合評価割合100100
基礎的能力100100