設計製図Ⅱ

科目基礎情報

学校 北九州工業高等専門学校 開講年度 2018
授業科目 設計製図Ⅱ
科目番号 0173 科目区分 専門 / 必修
授業形態 演習 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 機械工学科 対象学年 5
開設期 前期 週時間数 4
教科書/教材 自作プリント
担当教員 中山 博愛

到達目標

1.与えられたポンプ設計仕様値からポンプの主要部を設計計算できる。
2.渦巻ポンプの部品図と組立図を作成できる。
3.他の学生の作図した図面を読みとること(検図)ができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1与えられた要求性能(吐出量、実揚程、強度)を満たし、組立て可能で、コストを追求した設計ができる与えられた要求性能(吐出量、実揚程、強度)を満たし、組立ても考慮したポンプの設計ができる。与えられた要求性能(吐出量、実揚程、強度)を満たすポンプの設計計算ができない。
評価項目2与えられた要求性能を満たし、コストも追求したポンプの製図ができる。与えられた要求性能を満たすよう設計したポンプの製図ができる。与えられた要求性能を満たすよう設計されたポンプの製図ができない。
評価項目3

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
本授業では、機械工学の専門科目の集大成として片吸込単段渦巻ポンプの設計および製図を行い、設計製図能力の総まとめにすることを目的とする。
授業では、1.設計の構想 2.ポンプ設計計算書の作成 3.ポンプ組立図の製図 4.ポンプ部品図の製図 5.検図 を行い、他者が描いた図面の読み取り能力を習得するまでを行う。
授業の進め方と授業内容・方法:
全員に個別のポンプの設計データを与え、設計開始から10週間程度は説明と計算を同時進行で行う。その後は各人で計算・製図を行う。計算書および図面のそれぞれの提出期限を厳守すること。最終的には、検図および設計全般についてのプレゼンテーションを行う。
注意点:
前学期期末試験前の最終授業日までに全完成品を提出しない場合は、F2の評価とするので注意すること。
質問は、授業時間外でも引き受けるので、計算や設計の疑問を早期に解決すること。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 半年間の授業スケジュール説明(シラバス利用)
ポンプ製図の導入教育(課題の選定、構想)
出席番号ごとに異なる要求性能(吐出し量、実揚程)を確認し、渦巻きポンプの原理、設計仕様を理解できる。また、ポンプの全揚程、所要動力、回転数が計算できる。
2週 吸込管、羽根車、吸込カバー、ケーシング、主軸、軸受の計算 形式数と比速度を求め、ボス部、羽根車目玉部、羽出口諸元の計算ができる。
3週 吸込管、羽根車、吸込カバー、ケーシング、主軸、軸受の計算 形式数と比速度を求め、ボス部、羽根車目玉部、羽出口諸元の計算ができる。
4週 吸込管、羽根車、吸込カバー、ケーシング、主軸、軸受の計算 形式数と比速度を求め、ボス部、羽根車目玉部、羽出口諸元の計算ができる。
5週 羽根車作図 設計計算に基づいた羽根車の製図ができる。
6週 ポンプ組立図の製図 ボリュートケーシングを主要部としてポンプの組立図の製図ができる。
7週 ポンプ組立図の製図
ボリュートケーシングを主要部としてポンプの組立図の製図ができる。
8週 ポンプ組立図の製図 ボリュートケーシングを主要部としてポンプの組立図の製図ができる。
9週 ポンプ組立図の製図 ボリュートケーシングを主要部としてポンプの組立図の製図ができる。
10週 ポンプ組立図の製図 ボリュートケーシングを主要部としてポンプの組立図の製図ができる。
11週 ケーシング、主軸、軸受台、その他の小物部品の製図 主軸、羽根車、ケーシングその他の小物部品の製図ができる。
12週 ケーシング、主軸、軸受台、その他の小物部品の製図 主軸、羽根車、ケーシングその他の小物部品の製図ができる。
13週 ケーシング、主軸、軸受台、その他の小物部品の製図 主軸、羽根車、ケーシングその他の小物部品の製図ができる。
14週 ケーシング、主軸、軸受台、その他の小物部品の製図 主軸、羽根車、ケーシングその他の小物部品の製図ができる。
15週 ケーシング、主軸、軸受台、その他の小物部品の製図 主軸、羽根車、ケーシングその他の小物部品の製図ができる。
16週 全図面の検図 部品と組立図の整合性を検図できる。

評価割合

課題発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合10000000100
基礎的能力0000000
専門的能力10000000100
分野横断的能力0000000