流体機械

科目基礎情報

学校 北九州工業高等専門学校 開講年度 2018
授業科目 流体機械
科目番号 0178 科目区分 専門 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 機械工学科 対象学年 5
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 流体機械の基礎
担当教員 中山 博愛

到達目標

1.ターボ機械の理論と作動原理を確実に理解し、説明できる。
2.水車・風車の作動原理を理解し、説明できる。
3.流体の流れを通してどのような種類の機械が利用されているか関連付けができ、説明できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1流体機械の作動原理と理論式を流体力学の理論を用いて誘導する事ができる。流体機械の作動原理と理論式を流体力学の理論を用いて誘導する事ができる。流体機械の作動原理と理論式を導く事ができない。
評価項目2水車、風車の作動原理と流れの理論を流体力学の理論を用いて誘導する事ができる。水車、風車の作動原理と流れの理論を流体力学の理論を用いて誘導する事ができる。水車、風車の作動原理と流れの理論を導く事ができない。
評価項目3流体の流れを通して流れに適用できる流体機械を関連づける事ができる。流体の流れを通して流れに適用できる流体機械を関連づける事ができる。流体の流れを通して流れに適用できる流体機械を関連づける事ができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
流体機械は流体の持つエネルギーと機械的動力とのエネルギー変換機であり、ポンプ・水車で代表される水力機械、送風機・圧縮機・風車で代表される空気機械とに大別される。本授業では、いずれにも共通な基本原理でその作動状態を説明し、流体機械全般についての知識を修得することを目的とする。
授業の進め方と授業内容・方法:
流体機械に使用される理論や原理は、4年生の前学期から先行している水力学で履修しているので、ここでは機器の原理や作動方法を中心に解説する。
注意点:
教科書に沿って説明を行うが、現在の社会生活において実用的でない項目あるいは専門的過ぎる項目は割愛する。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 半年間の授業スケジュール(シラバス利用)
学習に当たっての導入教育(流体機械とは?)
2週 流体機械のエネルギーと流体機械の定義 流体機械によるエネルギーの変換方向を説明できる。
3週 流体機械の分類 容積形とターボ形の形式分類ができる。
4週 容積形流体機械の作動原理 容積形流体機械の作動原理を説明できる。
5週 ターボ機械の作動原理 オイラーのポンプの式、水車の式を導くことができる。
6週 ターボ機械の作動原理 オイラーのポンプの式、水車の式を導くことができる。
7週 ターボ機械の作動原理 オイラーのポンプの式、水車の式を導くことができる。
8週 中間試験
9週 中間試験についての解説
10週 流体機械の特性と諸現象 流体機械の種類による特性の違いと異常現象を説明できる。
11週 流体機械の特性と諸現象 流体機械の種類による特性の違いと異常現象を説明できる。
12週 流体機械の種類と用途 流体機械の種類を仕様値、用途に応じて分類できる。
13週 流体機械の種類と用途 流体機械の種類を仕様値、用途に応じて分類できる。
14週 ターボ機械の流体力学 ターボ機械に用いられている流体力学の式を用いて流体機械の理論を導く事ができる。
15週 期末試験
16週 答案返却、解説

評価割合

試験課題相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合80200000100
基礎的能力0000000
専門的能力80200000100
分野横断的能力0000000