材料力学Ⅱ

科目基礎情報

学校 北九州工業高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 材料力学Ⅱ
科目番号 0127 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 制御情報工学科 対象学年 4
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 「Professional Engineer Library 材料力学」 PEL編集委員会 編著:久池井茂 (実教出版)
担当教員 久池井 茂

目的・到達目標

1.物体に作用する力、物体の運動、運動と仕事の関係、機械の振動現象などを説明できる。B①②, SB①
2.機械構造物の部材に作用する力と部材の変形を説明できる。B①②, SB①
3.機械構造物を合理的かつ安全に設計することを説明できる。B①②, SB①

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1物体に作用する力、物体の運動、運動と仕事の関係、機械の振動現象などを理解し応用できる。物体に作用する力、物体の運動、運動と仕事の関係、機械の振動現象などを説明できる。物体に作用する力、物体の運動、運動と仕事の関係、機械の振動現象などを理解できない。
評価項目2機械構造物の部材に作用する力と部材の変形を理解し応用できる。機械構造物の部材に作用する力と部材の変形を説明できる。機械構造物の部材に作用する力と部材の変形を説明できない。
評価項目3機械構造物を合理的かつ安全に設計することを理解し応用できる。機械構造物を合理的かつ安全に設計することを説明できる。機械構造物を合理的かつ安全に設計することを説明できない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
機械を設計するために、必要かつ基礎的なものを用いて応用への手がかりができるように演習を中心とした学習を行う。本講義を3年生で学ぶ「材料力学I」の延長線上に位置づけ、材料力学Ⅰの知識で十分に理解ができるような講義内容にするとともに、実務における機械設計の関わりについて学ぶ。また、演習問題をできるだけ多く解くことで実務のみならず編入学試験等にも対応できる力を身に付ける。
授業の進め方と授業内容・方法:
機械や構造物または部材に生じる応力、変形・強さなどを利用し、機械の強度設計を考慮した講義を行う。これまでに履修してきた「力学」、「材料力学I」だけではなく、三角関数、微分積分、微分方程式などの数学も復習しながら講義を進める。
注意点:
三角関数、微分積分、微分方程式などの数学を理解しておくこと。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 応力状態とひずみ
2週 応力状態とひずみ
3週 組合せ応力
4週 組合せ応力
5週 ひずみエネルギー
6週 ひずみエネルギー
7週 ひずみエネルギー
8週 中間試験
2ndQ
9週 答案返却,解説
10週 エネルギー原理とその応用
11週 エネルギー原理とその応用
12週 座屈
13週 骨組構造について学ぶ
14週 材料力学と設計
15週 定期試験
16週 答案返却,解説

評価割合

試験発表課題の取組態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合70030000100
基礎的能力0000000
専門的能力70030000100
分野横断的能力0000000