応用制御情報実験

科目基礎情報

学校 北九州工業高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 応用制御情報実験
科目番号 0169 科目区分 専門 / 必修
授業形態 実験・実習 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 制御情報工学科 対象学年 5
開設期 前期 週時間数 4
教科書/教材 印刷教材
担当教員 脇山 正博,浜松 弘,久池井 茂,乙部 由美子,松尾 貴之,谷口 茂

目的・到達目標

①シーケンス制御の理解と応用ができる。
②実験系の制御に制御理論を適用することができる。
③基本的な空気圧システムの修得、実験結果を表やグラフにまとめ考察することができる。
④ネットワーク運用に関して,UTPケーブル作成およびルータの動作実験を通じて検証できる。
⑤数値シミュレーションの基本を説明でき、プログラムを作成できる。
⑥AD・DA変換器の機能、アナログとディジタル信号処理、量子化・サンプリング定理を説明できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
レポート与えられたテーマの問題解決内容を論理的にレポートにまとめることができる与えられたテーマの問題解決内容をレポートにまとめることができる。与えられたテーマの問題解決内容を論理的にレポートにまとめることができない
取り組み内容与えられた目標を達成するために積極的な態度で実験に取り組んでいる。与えられた目標を達成するために遅刻欠課もなく実験に取り組んでいる。与えられた目標を達成するために積極的な態度で実験に取り組んでいない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
4年次の制御情報実験に引き続いて実験を通して各種装置や器具の操作方法、測定原理を学び、さらにレポートの作成を通して考察力や表現力を身に付け、実践力に富んだ技術者になるために必要な基礎知識の習得と考察、表現力の育成を目的とする。
授業の進め方と授業内容・方法:
各実験テーマについて、2週で7名程度の班編成で実験を行う。
注意点:

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス 授業の内容および評価方法を理解し説明ができる。
2週 実験テーマ説明 授業の内容および評価方法を理解し説明ができる。
3週 PLCによるシーケンス制御実験2 問題解決のための解決方法を考えることができる。
4週 PLCによるシーケンス制御実験2 問題解決のための解決方法を考えることができる。
5週 倒立振子の制御実験 問題解決のための解決方法を考えることができる。
6週 倒立振子の制御実験 問題解決のための解決方法を考えることができる。
7週 空気機械の性能測定実験 問題解決のための解決方法を考えることができる。
8週 空気機械の性能測定実験 問題解決のための解決方法を考えることができる。
2ndQ
9週 ネットワーク構築運用実習実験 問題解決のための解決方法を考えることができる。
10週 ネットワーク構築運用実習実験 問題解決のための解決方法を考えることができる。
11週 流れと熱の数値シミュレーション 問題解決のための解決方法を考えることができる。
12週 流れと熱の数値シミュレーション 問題解決のための解決方法を考えることができる。
13週 ディジタル信号処理実験 問題解決のための解決方法を考えることができる。
14週 ディジタル信号処理実験 問題解決のための解決方法を考えることができる。
15週 レポート整理 具体的な問題解決策をまとめ,レポートにすることができる。
16週 予備日 具体的な問題解決策をまとめ,レポートにすることができる。

評価割合

レポート取り組み内容合計
総合評価割合5050100
基礎的能力000
専門的能力50050
分野横断的能力05050