卒業研究

科目基礎情報

学校 北九州工業高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 卒業研究
科目番号 0170 科目区分 専門 / 必修
授業形態 実験・実習 単位の種別と単位数 履修単位: 9
開設学科 制御情報工学科 対象学年 5
開設期 通年 週時間数 9
教科書/教材
担当教員 脇山 正博,寺井 久宣,浜松 弘,安信 強,久池井 茂,乙部 由美子,山内 幸治,日高 康展,古野 誠治,松尾 貴之,谷口 茂

目的・到達目標

実験・研究などを計画的に遂行することができる。
実験などの結果を解析することができる。
研究分野の専門的な知識を説明することができる。
研究内容について論理的な記述をすることができ、その結果を口頭発表することができる。
自主的、継続的に研究を実施できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
実験・研究などを計画的に遂行し、実験などの結果を解析することができる。実験・研究などを計画的に遂行し、実験などの結果を解析することができる。実験・研究などを指導教員の指示に基づいて遂行し、実験などの結果を指導教員の補助を得ながら解析することができる。実験・研究などを計画的に遂行できず、実験などの結果を解析することができない。
研究分野の専門的な知識を説明することができ、研究内容について論理的に記述し、口頭発表することができる。研究分野の専門的な知識を説明することができ、研究内容について論理的に記述し、口頭発表することができる。研究分野の基本的な知識を説明することができ、研究内容について指導教員の指導のもと論理的に記述し、口頭発表することができる。研究分野の専門的な知識を説明することができず、研究内容についての論理的に記述や口頭発表ができない。
自主的、継続的に研究を実施できる。自主的、継続的に研究を実施でき、研究室の運営にも協力できる。自主的、継続的に研究を実施できる。自主的、継続的に研究を実施できない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行する能力や実験などの結果を解析する能力、該当する分野の専門技術に関する知識、日本語による論理的な記述力と口頭発表力、さらに自主的、継続的に学習できる能力を身に付けることを目的とする。
授業の進め方と授業内容・方法:
教員の指導のもとに研究を行い、1年間にわたる研究の成果を論文としてまとめて提出する。また、研究の経過と成果は中間発表会と卒業研究発表会において発表する。
注意点:
教員の指導のもとに研究を進め,1年間にわたる研究の成果を論文としてまとめて提出すること。また,研究の経過と成果は中間発表会を卒業研究発表会において発表すること。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 卒業研究のテーマ説明 各テーマの内容目的を理解できる。
2週 卒業研究テーマ決め 自身の卒業研究のテーマを決めることができる。
3週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
4週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
5週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
6週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
7週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
8週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
2ndQ
9週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
10週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
11週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
12週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
13週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
14週 卒業研究中間発表会の準備 指導教員のもとで中間発表会の準備ができる。
15週 卒業研究中間発表会 中間発表会で現況と今後の計画等について口頭発表できる。
16週    
後期
3rdQ
1週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
2週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
3週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
4週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
5週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
6週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
7週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
8週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
4thQ
9週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
10週 卒業研究の遂行 指導教員のもとでの研究を通して実験などを計画遂行できる。
11週 卒業論文の作成 指導教員のもとで卒業論文を作成できる。
12週 卒業論文の作成 指導教員のもとで卒業論文を作成できる。
13週 卒業論文の作成 指導教員のもとで卒業論文を作成できる。
14週 卒業研究発表会の準備 指導教員のもとで発表会の準備ができる。
15週 卒業研究発表会 1年間の取り組み,成果について口頭発表ができる。
16週    

評価割合

研究への取組み発表論文態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合503020000100
基礎的能力0000000
専門的能力503020000100
分野横断的能力0000000