生産デザイン工学特別研究Ⅰ

科目基礎情報

学校 北九州工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 生産デザイン工学特別研究Ⅰ
科目番号 0021 科目区分 専門 / 必修
授業形態 演習 単位の種別と単位数 学修単位: 3
開設学科 生産デザイン工学専攻 対象学年 専1
開設期 前期 週時間数 3
教科書/教材
担当教員 浅尾 晃通,加島 篤,桐本 賢太,太屋岡 篤憲,安信 強,永田 康久,松嶋 茂憲

目的・到達目標

1.学んだ知識や技術を活用して、答えのない問題に対して解を見出すことができる。C②③④,D①②③④,E②,F②③, G①②
2.研究題目の背景、社会・環境との関わり、制約条件等を考慮して、研究計画を立案できる。C②③④,D①②③④,E②,F②③, G①②

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1考慮すべき制約条件とテーマとの関係を具体的なデータ等を用いて説明できる考慮すべき制約条件とテーマとの関係を説明できる考慮すべき制約条件とテーマとの関係を説明できない
評価項目2課題解決に必要な知識・技術を理解し、解決策を説明できる課題解決に必要な知識・技術を理解し、解決策を説明できる課題解決に必要な知識・技術を理解し、解決策を説明できない
評価項目3課題解決のための計画を立案し、実行できる課題解決のための計画を立案できる課題解決のための計画を立案できない
評価項目4実験・調査結果についてデータを示しながら議論できる実験・調査結果について議論できる実験・調査結果について議論できない
評価項目5成果を分かり易く発表でき、質問にも明快に答えられる成果を分かり易く発表できる成果を分かり易く発表できない
評価項目6自主性を持ちながら、他の学生や教員・スタッフと協働できる他の学生や教員・スタッフと協働できる他の学生や教員・スタッフと協働できない

学科の到達目標項目との関係

専攻科課程教育目標、JABEE学習教育到達目標 SC② 説明 閉じる
専攻科課程教育目標、JABEE学習教育到達目標 SC③ 説明 閉じる
専攻科課程教育目標、JABEE学習教育到達目標 SC④ 説明 閉じる
専攻科課程教育目標、JABEE学習教育到達目標 SD① 説明 閉じる
専攻科課程教育目標、JABEE学習教育到達目標 SD② 説明 閉じる
専攻科課程教育目標、JABEE学習教育到達目標 SD③ 説明 閉じる
専攻科課程教育目標、JABEE学習教育到達目標 SD④ 説明 閉じる
専攻科課程教育目標、JABEE学習教育到達目標 SE② 説明 閉じる
専攻科課程教育目標、JABEE学習教育到達目標 SF② 説明 閉じる
専攻科課程教育目標、JABEE学習教育到達目標 SF③ 説明 閉じる
専攻科課程教育目標、JABEE学習教育到達目標 SG① 説明 閉じる
専攻科課程教育目標、JABEE学習教育到達目標 SG② 説明 閉じる

教育方法等

概要:
教員の指導の下、専門分野的・社会的に意味があり、複雑で理解が容易ではない現象やシステムなどを研究対象とし、学んだ知識や技術を活用して、答えのない問題に対して解を見出す。最初の生産デザイン工学特別研究Ⅰの主な目的は、研究題目の背景、社会・環境との関わり、制約条件等を考慮して、研究計画を立案し報告すること。
授業の進め方と授業内容・方法:
専門分野に関わる研究テーマであることを確認した上で、指導教員・テーマを選択すること。最初に取り組む特別研究なので、先行研究等を参考にしながら、指導教員との議論の中で、研究題目の背景、目的等を理解し研究計画を作成していく。生産デザイン工学特別研究Ⅰ~Ⅳ全てにおいて、定期的に進捗状況を文書で報告する。
注意点:
疑問や問題が生じたときは、速やかに指導教員に相談すること。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 到達目標を達成するため,各指導教員の指導のもとで自ら研究を進める 課題解決のために研究計画を立てることができる
2週 研究の実施 課題解決のために研究計画を立てることができる
3週 研究の実施 課題解決のために研究計画を立てることができる
4週 研究の実施 課題解決のために研究計画を立てることができる
5週 研究の実施 課題解決のために研究計画を立てることができる
6週 研究の実施 課題解決のために研究計画を立てることができる
7週 研究の実施 課題解決のために研究計画を立てることができる
8週 研究の実施 課題解決のために研究計画を立てることができる
2ndQ
9週 研究の実施 課題解決のために研究計画を立てることができる
10週 研究の実施 研究で得られた結果を整理し,文献等を参考に考察・検証できる
11週 研究の実施 研究で得られた結果を整理し,文献等を参考に考察・検証できる
12週 研究の実施 研究で得られた結果を整理し,文献等を参考に考察・検証できる
13週 研究の実施 研究で得られた結果を整理し,文献等を参考に考察・検証できる
14週 研究の実施 研究で得られた結果を整理し,文献等を参考に考察・検証できる
15週 学内発表会の準備 学習成果を発表できる。
16週 学内発表会 学習成果を発表できる。

評価割合

成果発表学修・研究の課程相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合30700000100
基礎的能力0000000
専門的能力30700000100
分野横断的能力0000000