近代文学

科目基礎情報

学校 北九州工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 近代文学
科目番号 0053 科目区分 一般 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 生産デザイン工学科(機械創造システムコース) 対象学年 4
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 「ちくま小説入門」、紅野謙介、清水良典編
担当教員 岩下 祥子,前田 知津子

目的・到達目標

1、文学作品に描かれた人物・情景・心情の表現とその効果を読みとることができる。
2、文学作品と人間・社会・自然との関係性を理解することができる。
3、自らの考えを論理的に組み立て、適切な表現を用いて論述することができる。
4、他者の意見を理解しつつ、自分の表現を明確に発表することができる。
5、日本語文章能力検定準2級程度の日本語文章能力を身につけることができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1文学作品に描かれた人物・情景・心情の表現とその効果を読みとり、説明ができる。文学作品に描かれた人物・情景・心情の表現とその効果を読みとることができる。文学作品に描かれた人物・情景・心情の表現とその効果を読みとることができない。
評価項目2文学作品と人間・社会・自然との関係性を理解することができ、説明ができる。文学作品と人間・社会・自然との関係性を理解することができる。文学作品と人間・社会・自然との関係性を理解することができない。
評価項目3自らの考えを論理的に組み立て、適切な表現を用いて論述し、質疑に対して応答できる。自らの考えを論理的に組み立て、適切な表現を用いて論述することができる。自らの考えを論理的に組み立て、適切な表現を用いて論述することができない。
評価項目4他者の意見を理解しつつ、自分の表現を明確に発表し、その差異を今後の思考に活かすことができる。他者の意見を理解しつつ、自分の表現を明確に発表することができる。他者の意見を理解できず、自分の表現を明確に発表することもできない。
評価項目5日本語文章能力検定準2級程度の日本語文章能力を身につけ、場に応じた適切な文章が書ける。日本語文章能力検定準2級程度の日本語文章能力を身につけることができる。日本語文章能力検定準2級程度の日本語文章能力を身につけることができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
実践的技術者に必要な言語表現の読解力・思考力の向上を図ることを目的とする。授業では、日本近代文学に関する基本的な知識を理解し、個々の作品の表現を柔軟に読み取る読解力を養う。また、読解することで得られた意見・感想を的確に言語化するために、語句学習・漢字学習・文章表現学習を行う。
授業の進め方と授業内容・方法:
文学作品を読み、作品の読解について全体で討議し、意見交換を行う。作品に関連する課題でレポート課題を出す場合もある。
就職活動に関連する書類や手紙の書き方のマナーの習得を目指す。適時、小テスト・ワーク等で学習到達度の確認を行う。
注意点:
取り上げる作品を必ず読んだ上で受講すること。配布するプリント類を整理すること。問いに対して簡潔明快な答えで応答すること。辞書・参考書を活用し、積極的に調査やレポート作成を行ってほしい。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス 授業の目標と概要を理解する
2週 明治期の文学 明治期における主な文学作品と歴史事項について理解する。
3週 明治期の文学 明治期における代表的な文学者の活動を理解する。
4週 作品読解 明治期の作品を読み、小説読解の基本的なアプローチを学ぶ。
5週 作品読解 明治期の作品を読み、小説読解について自分の考えをまとめ、意見を述べる。
6週 表現 語句・構成を工夫した文章表現を学び、その効果を理解する。
7週 表現 語句・構成を工夫した文章表現を実践する。
8週 中間試験 1~7週までの内容を網羅した試験により、授業内容の理解の定着を図る。
2ndQ
9週 試験解説 試験の内容を理解し、不正解だったところはなぜ不正解だったのかを考える。
10週 大正期の文学 大正期における主な文学作品と歴史事項について理解する。
11週 大正期の文学 大正期における代表的な文学者の活動を理解する。
12週 作品読解 大正期の作品を読み、小説読解の基本的なアプローチを学ぶ。
13週 作品読解 大正期の作品を読み、小説読解について自分の考えをまとめ、意見を述べる。
14週 表現 語句・構成を工夫した文章表現を学び、実践する。
15週 期末試験 10~14週までの内容を網羅した試験により、授業内容の理解の定着を図る。
16週 試験解説 試験の内容を理解し、不正解だったところはなぜ不正解だったのかを考える。
後期
3rdQ
1週 昭和期の文学 昭和期における主な文学作品と歴史事項について理解する。
2週 昭和期の文学 昭和期における文学者の活動の流れを理解する。
3週 作品読解 昭和期の作品を読み、小説読解の基本的なアプローチを学ぶ。
4週 作品読解 昭和期の作品を読み、小説読解について自分の考えをまとめ、意見を述べる。
5週 表現 語句・構成を工夫した文章表現を学び、その効果を理解する。
6週 表現 語句・構成を工夫した文章表現を実践する。
7週 中間試験 1~7週までの内容を網羅した試験により、授業内容の理解の定着を図る。
8週 試験解説 試験の内容を理解し、不正解だったところはなぜ不正解だったのかを考える。
4thQ
9週 現代の文学 現代の主な文学作品と歴史事項について理解する。
10週 現代の文学 現代の作家や文学の有り様について学び、理解する。
11週 作品読解 現代の作品を読み、小説読解の基本的なアプローチを学ぶ。
12週 作品読解 現代の作品を読み、小説読解について自分の考えをまとめ、意見を述べる。
13週 表現 語句・構成を工夫した文章表現を学び、その効果を理解する。
14週 表現 語句・構成を工夫した文章表現を実践する。
15週 定期試験 9~14週までの内容を網羅した試験により、授業内容の理解の定着を図る。
16週 試験解説 試験の内容を理解し、不正解だったところはなぜ不正解だったのかを考える。

評価割合

試験レポート・小テスト・態度態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合70300000100
基礎的能力70300000100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000