英語演習

科目基礎情報

学校 北九州工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 英語演習
科目番号 0060 科目区分 一般 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 生産デザイン工学科(機械創造システムコース) 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 岡田圭子 『リーディングから始める 英語プレゼンテーション入門』(アルク)
担当教員 中村 嘉雄,東島 加奈,久保川 晴美,横山 郁子

目的・到達目標

・英語によるプレゼンテーションの基本を理解し、スライドや英文スクリプトを作成することができる。
・相手に伝わるような話し方、質疑応答ができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1英語によるプレゼンテーションの基本構成を理解し、スライドや英文スクリプトを作成することができる。英語によるプレゼンテーションの基本構成を6割以上理解し、スライドや英文スクリプトを作成することができる。英語によるプレゼンテーションの基本構成を5割未満しか理解できず、スライドや英文スクリプトを作成することができない。
評価項目2相手に8割以上伝わるような話し方ができる。相手に6割以上伝わるような話し方ができる。相手に伝わるような話し方ができず、相手に5割未満しか通じない。
評価項目3定期試験で8割以上の点数を取ることができる。定期試験で6割以上の点数を取ることができる。定期試験で5割未満しか点数を取ることができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
教科書のモデルを参考に、英語のプレゼンテーションの基本構成や表現を学び、グループでプレゼンテーションやその資料、原稿を作成するとともに、スピーキング力、プレゼンテーション力、レトリックの力を伸ばす。
授業の進め方と授業内容・方法:
1.テキストを参考に英語プレゼンテーションの基本を学ぶ。
2.テキストを参考に英語プレゼンテーションに効果的な英語表現を学ぶ。
3.グループごとに原稿、スライドを作成し、プレセンテーションを行い、効果的なレトリックを学ぶ。
注意点:
テキストは必ず予習をしておくこと。また、テキストの理解にくわえ、プレゼンテーションの作成には資料の準備や打ち合わせ等、各グループでの課外での活動も必要とされる。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 授業ガイダンス 
グループ分け
2週 Unit 1
What Is a Presentation?
プレゼンテーションとは?
3週 Unit 1
What Is a Presentation?
プレゼンテーションとは?
4週 Unit 2
Cellphones
情報の整理、分析、アウトラインの作り方
5週 Unit 2
Cellphones
情報の整理、分析、アウトラインの作り方
6週 Unit 3
Climate Change
情報の整理、分析、アウトラインの作り方
7週 Unit 3
Climate Change
情報の整理、分析、アウトラインの作り方
8週 中間試験 
4thQ
9週 試験解説
今後のプレゼンテーション作成の流れの説明
10週 Unit 4 Food Issues
Unit 5 Making an Effective Presentation
Food Issues
効果的なプレゼンテーション
11週 Unit 4 Food Issues
Unit 6 Preparing Visual Aids
効果的な視覚資料とは
12週 Unit 7
Giving Presentation
効果的なレトリック、質疑応答の仕方
13週 発表会 各グループによるプレゼンテーションとその評価
14週 発表会 各グループによるプレゼンテーションとその評価
15週 定期試験
16週 試験解説

評価割合

試験プレゼンテーションおよび小テスト合計
総合評価割合6040100
基礎的能力6040100
専門的能力000
分野横断的能力000