情報処理

科目基礎情報

学校 佐世保工業高等専門学校 開講年度 令和02年度 (2020年度)
授業科目 情報処理
科目番号 0030 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 電子制御工学科 対象学年 2
開設期 通年 週時間数 前期:2 後期:2
教科書/教材 新・明解 C言語 入門編 柴田望洋 SBクリエイティブ(株)
担当教員 坂口 彰浩

目的・到達目標

1.配列を用いたプログラムを作成できる(A-2)
2.ポインタを用いたプログラムを作成できる(A-2)
3.構造体を用いたプログラムを作成できる(A-2)
4.ファイルを扱うプログラムを作成できる(A-2)

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1 (到達目標1)配列を用いたプログラムを自らの力で作成できる配列を用いたプログラムを教員等から簡単な助言を得られれば作成できる配列を用いたプログラムを作成できない
評価項目2 (到達目標2)ポインタを用いたプログラムを自らの力で作成できるポインタを用いたプログラムを教員等から簡単な助言を得られれば作成できるポインタを用いたプログラムを作成できない
評価項目3 (到達目標3)構造体を用いたプログラムを自らの力で作成できる構造体を用いたプログラムを教員等から簡単な助言を得られれば作成できる構造体を用いたプログラムを作成できない
評価項目4 (到達目標4)ファイルを扱うプログラムを自らの力で作成できるファイルを扱うプログラムを教員等から簡単な助言を得られれば作成できるファイルを扱うプログラムを作成できない

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
1年生で学んだ情報処理を基本に、配列、ポインタ、構造体およびファイル操作を扱ったプログラミングの能力を習得する
授業の進め方と授業内容・方法:
予備知識:1年で学修した情報処理に関する知識
講義室:ICT3
授業形式:講義と演習
学生が用意するもの:ノート、教科書
注意点:
評価方法:試験(前期中間・前期定期・後期中間・後期定期)の平均点を50%、演習・課題等を30%、模擬試験を20%で評価し、60点以上を合格とする。
自己学習の指針:授業で自習課題を課すので、自分で解けるようにすること。試験時には、例題及び自習課題を理解できていること。これらの自己学習は2時間以上が望ましい。
オフィスアワー:火曜日、木曜日の 16:00-17:00(これ以外でも、在室時は対応可能です)
備考:各試験の成績不振者に対する追試は,各試験の平均点の30%以上の学生に限る。演習・課題等の未提出がある学生には、原則追試を行わない。再試験は、実施した全範囲から出題する。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 プログラムの書き方 プログラムの基本的な書き方が理解できる。
2週 変数の宣言と演算 変数の宣言と演算が行える。
3週 分岐処理 分岐処理の考え方が理解できる。
4週 反復処理 反復処理の考え方が理解できる。
5週 関数(値渡し) C言語における関数(値渡し)を理解できる。
6週 配列 1次元配列の考え方が理解できる。
7週 復習 前期中間試験までの内容が理解できているか確認する。
8週 中間試験
2ndQ
9週 二次元配列 2次元配列の考え方が理解できる。
10週 関数(アドレス渡し) C言語における関数(アドレス渡し)の考え方が理解できる。
11週 文字型変数 文字型変数の考え方が理解できる。
12週 文字と文字列 文字列の考え方が理解できる。
13週 標準ライブラリ関数 標準ライブラリ関数の扱い方が理解できる。
14週 ビット演算 ビット演算の考え方が理解できる。
15週 復習 前期定期試験までの内容が理解できているか確認する。
16週
後期
3rdQ
1週 ポインタと関数 ポインタの役割、関数の引数としてのポインタを理解している
2週 ポインタと配列 ポインタと配列の関係を理解している
3週 ポインタと文字列 ポインタと文字列の関係を理解している
4週 動的メモリ領域の確保 動的メモリ領域の確保の仕方を理解している
5週 構造体 構造体の基礎、書式を理解している
6週 共用体 共用体の基礎、書式を理解している
7週 復習 前期定期試験までの内容が理解できているか確認する。
8週 中間試験
4thQ
9週 ユーザ定義型 typedef、列挙体を理解している
10週 ファイルとストリーム(1) ファイルのオープン、クローズが理解でき、使うことができる
11週 ファイルとストリーム(2) 文字単位、行単位のファイル入出力が理解でき、使うことができる
12週 テキストとバイナリ テキストファイル、バイナリファイルそれぞれに対して読み書きできる
13週 データ処理(1) ファイル入力から各個人情報の表示、科目平均をもとめるプログラムを作成できる
14週 データ処理(2) ファイル入力から全体の人数、平均、分散を求めるプログラムを作成できる
15週 復習 後期定期試験までの内容が理解できているか確認する。
16週

評価割合

試験演習・課題模擬試験合計
総合評価割合503020000100
基礎的能力503020000100
専門的能力00000
分野横断的能力0000000