技術英語I

科目基礎情報

学校 熊本高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 技術英語I
科目番号 SK161 科目区分 専門 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 1
開設学科 情報通信エレクトロニクス工学科 対象学年 4
開設期 集中 週時間数
教科書/教材 プリント資料配布(シンガポール・テマセクポリテクニック Singapore Temasek Polytechnic)
担当教員 芳野 裕樹,教務係 (または非常勤講師)

到達目標

The aim of this subject is to give the students a good foundation in the 2 main areas of Business English so that they will gain more confidence when communicating in English. The students will learn basic business speaking and oral presentation skills.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1ビジネスシーンで用いられる英語を使って円滑に会話をすることができる。ビジネスシーンで用いられる英語を使って会話をすることができる。ビジネスシーンで用いられる英語を使って会話をすることができない。
評価項目2技術的な英語を用いて、円滑に口頭発表を行い、質疑応答に対応できる。技術的な英語を用いて、口頭発表を行うことができる。技術的な英語を用いて、口頭発表を行うことができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
This subject – Technical English 1 will provide students with fundamental skills required for the business scenes. The focus will be on enhancing the students’ skills in 2 main areas in Business English: speaking and presentation. In addition, students will discuss about emerging technology such as Big Data.
授業の進め方・方法:
Carry out the intensive course at the Singapore Temasek Polytechnic in overseas training travel period. Four days a total of 18 hours.
本科目は海外研修旅行期間中,シンガポールテマセクポリテクニックIIT校において,外国人講師による集中講義を行う.
講義は4日間計18時間,予習・演習27時間,計45時間.

注意点:
評価について
Assessment Scheme: Speaking / Presentation (80% - 40 marks),Verbal Reflection (20% - 10 marks)
Assessment Methods:
Students will be expected to give a 5 mins oral presentation on a given topic and on their learning process/outcome.

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週
2週
3週
4週
5週
6週
7週
8週
2ndQ
9週
10週
11週
12週
13週
14週
15週
16週
後期
3rdQ
1週 Speaking Skills
- Greetings
- Personal Introduction
- Asking / Responding to questions
(3 hours)

Presentation Skills
- Presentation structure
- Pronunciation – delivery and indelibility
- reflection
(9 hours)

Emerging Technology
- History of data science
- Overview of Big Data
(6 hours)
Students will learn the following :
- Introduce themselves
- Start and sustain a conversation (asking for and giving of information)
- Be more intelligible and confident in conversational English

Students will learn:
- How to structure their presentation
- Some elements of English pronunciation (prosody, stress pattern) in order to improve intelligibility
- How to apply what they have learned to a presentation (including a reflection on their learning)
Students can:
- Discuss how Big Data is used in different industries
2週
3週
4週
5週
6週
7週
8週
4thQ
9週
10週
11週
12週
13週
14週
15週
16週

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
基礎的能力工学基礎グローバリゼーション・異文化多文化理解グローバリゼーション・異文化多文化理解世界の歴史、交通・通信の発達から生じる地域間の経済、文化、政治、社会問題を理解し、技術者として、それぞれの国や地域の持続的発展を視野においた、経済的、社会的、環境的な進歩に貢献する資質を持ち、将来技術者の役割、責任と行動について考えることができる。2後1

評価割合

レポート合計
総合評価割合100100
基礎的能力100100