郷土の文学と人間

科目基礎情報

学校 熊本高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 郷土の文学と人間
科目番号 0050 科目区分 一般 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 生産システム工学専攻 対象学年 専2
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 夏目漱石「坊っちゃん」(岩波文庫)
担当教員 道園 達也

到達目標

1.作品の「解説」や「要約」を自分の観点で評価できる。
2.精読の方法を理解し、実践できる。
3.先行研究を自分の観点で評価できる。
4.作品論を自分の観点でレポートにまとめられる。
5.討論に参加できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1作品の「解説」や「要約」を自分の観点で、根拠を示して評価できる。作品の「解説」や「要約」を自分の観点で評価できる。作品の「解説」や「要約」を自分の観点で評価できない。
評価項目2精読の方法を理解し、自分の観点で実践できる。精読の方法を理解し、実践できる。精読の方法を理解し、実践できない。
評価項目3先行研究を自分の観点で、根拠を示して評価できる。先行研究を自分の観点で評価できる。先行研究を自分の観点で評価できない。
評価項目4作品論を自分の観点で、根拠を示してレポートにまとめられる。作品論を自分の観点でレポートのまとめられる。作品論を自分の観点でレポートにまとめられない。
評価項目5討論に主体的に参加できる。討論に参加できる。討論の主体的に参加できない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 4-1 説明 閉じる
JABEE (a) 説明 閉じる
JABEE (b) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
熊本は歴史と文化に恵まれ、文学遺産も豊富である。熊本にゆかりのある作家、作品を読み解く。
授業の進め方・方法:
夏目漱石「坊っちゃん」を読解する。ガイダンスで提示するスケジュールに基づいて、文学理論とその応用、先行研究、テーマの設定について講義および討論を行う。以上の作業を経て、先行研究を参照し、自らテーマを設定し、レポートを作成する。そのレポートについて口頭試問を行い、試験とする。
注意点:
本文を読み、授業時の討論に参加すること。
授業時の課題に積極的に参加し、成果を確実に提出すること。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス
作家と作品
授業スケジュールを把握するとともに、漱石の生い立ちと熊本との関わりを理解する。
2週 「解説」を読む テキストの「解説」を読み、自分の観点で評価する。
3週 「要約」を読む 複数の「要約」を比較検討し、自分の観点で要約する。
4週 先行研究(1) 先行研究を読み、自分の観点で評価する。
5週 先行研究(2) 同上
6週 先行研究(3) 同上
7週 精読(1) 担当者が精読の成果をレジュメにまとめ、他の受講生と討論する。
8週 精読(2) 同上
2ndQ
9週 精読(3) 同上
10週 精読(4) 同上
11週 精読(5) 同上
12週 ディスカッション(1) レポート(初稿)について教員および他の学生とともに検討をおこなう。
13週 ディスカッション(2) 同上
14週 ディスカッション(3) 同上
15週 レポートの推敲(1) レポートを推敲し、提出する。
16週 レポートの推敲(2) 同上

評価割合

課題討論精読口頭試問レポート合計
総合評価割合30201010300100
基礎的能力30201010300100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000