外書輪講

科目基礎情報

学校 鹿児島工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 外書輪講
科目番号 0126 科目区分 専門 / 選択
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 機械工学科 対象学年 5
開設期 通年 週時間数 1
教科書/教材 なし
担当教員 田畑 隆英,南金山 裕弘,小田原 悟,椎 保幸,德永 仁夫,白石 貴行,東 雄一,渡辺 創

目的・到達目標

機械工学に関する技術英文の英語表現の特徴を理解し,技術英文の読解力及び日本語への翻訳能力を習得する.
1.一般的な科学技術および機械工学の基礎英単語を習得できる。
2.一般的な科学技術および機械工学の専門の英語文章を理解できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1一般的な科学技術および機械工学の基礎英単語を使える。一般的な科学技術および機械工学の基礎英単語を習得できる。一般的な科学技術および機械工学の基礎英単語を習得できない。
評価項目2一般的な科学技術および機械工学の専門の英語文章を理解し、文章を作成できる。一般的な科学技術および機械工学の専門の英語文章を理解できる。一般的な科学技術および機械工学の専門の英語文章を理解できない。
評価項目3

学科の到達目標項目との関係

本科(準学士課程)の学習・教育到達目標 3-c 説明 閉じる
JABEE 1(2)(f) 説明 閉じる
教育プログラムの科目分類 (4)② 説明 閉じる
JABEE(2012)基準 1(2)(f) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
機械工学に関する技術英文の英語表現の特徴を理解し,技術英文の読解力及び日本語への翻訳能力を習得する.
授業の進め方と授業内容・方法:
基本的英文法や長文解釈を修得していること.グループに分かれて各担当教員の指示にしたがって学習する.
注意点:
各専門科目の専門用語の英語表記を周知していること.各専門用語の頻度が高いので,語数が豊富な辞書や各分野のテキストの英語索引を使用すること.事前にテキストの調べ,予習を十分に行っておく必要がある.

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
2週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
3週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
4週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
5週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
6週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
7週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
8週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
2ndQ
9週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
10週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
11週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
12週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
13週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
14週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
15週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
16週
後期
3rdQ
1週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
2週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
3週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
4週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
5週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
6週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
7週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
8週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
4thQ
9週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
10週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
11週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
12週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
13週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
14週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
15週 各教員のもと、卒業研究と関連する技術英語を学習する。 機械工学関連の頻出の単語や熟語について知る。また、文型について整理でき、論文を構造分解できる。
16週

評価割合

試験予習状況,和訳,レポート類合計
総合評価割合5050100
基礎的能力000
専門的能力5050100
分野横断的能力000