英語ⅤB(2)

科目基礎情報

学校 鹿児島工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 英語ⅤB(2)
科目番号 0126 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 1
開設学科 電子制御工学科 対象学年 5
開設期 後期 週時間数 後期:2
教科書/教材 ESPにもとづく工業技術英語 大学・高専生のための新しい英語トレーニング 野口ジュディ他監修 南雲堂/「理工系学生のための科学技術英語-語彙編」岡裏佳幸編 南雲堂/その他必要に応じてプリント配布
担当教員 鞍掛 哲治

目的・到達目標

1. 工業英検3級程度の語彙・構文・基本表現を理解できる。
2. 実用英検の準2級程度の語彙・構文・表現が理解でき、リスニングの問題も解くことができる。
3. TOEIC400点レベルのreading&listeningの問題を解くことができる。
4. business英語の語彙・構文・表現を理解できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1工業英検準2級程度の語彙・構文・基本表現を理解できる。工業英検3級程度の語彙・構文・基本表現を理解できる。工業英検3級程度の語彙・構文・基本表現を理解できない。
評価項目2実用英検の2級程度の語彙・構文・表現が理解でき、リスニングの問題も解くことができる。実用英検の準2級程度の語彙・構文・表現が理解でき、リスニングの問題も解くことができる。実用英検の準2級程度の語彙・構文・表現が理解できず、リスニングの問題も解くことができない。
評価項目3TOEIC450点レベルのreading&listeningの問題を解くことができる。TOEIC400点レベルのreading&listeningの問題を解くことができる。TOEIC400点レベルのreading&listeningの問題を解くことができない。
評価項目4 business英語の語彙・構文・表現を理解でき、使用することができる。 business英語の基本的な語彙・構文・表現を理解できる。 business英語の基本的な語彙・構文・表現を理解できない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
英検2級以上取得, TOEIC450点以上獲得, 工業・business英語を正しく読み書きできる基礎的な事項を習得することを目標とする.
授業の進め方と授業内容・方法:
英検2級以上取得, TOEIC450点以上獲得, 工業・business英語を正しく読み書きできる英語力を養うための学習コースである。
4年生までに習得した英語(語彙、文法、読解等)の復習及び発展・強化を主軸として授業を進めていく。
注意点:
Slow and steady wins the race! 少しずつでもよい, 毎日英語学習に時間を割いて予習ノートを作成しておき,その予習ノートに加除修正したものを毎授業終了時に提出のこと. .なお, 本科目は学修単位〔講義Ⅰ〕課目であるため, 指示内容について60分程度の自学自習(予習・復習)が必要である.

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 15. テキスト(Chapter 5前半①)
工業英検3級レベル問題(1)
テキスト(Chapter 5前半①)が理解できる
工業英検3級レベル問題(1)が解ける
2週 16. テキスト(Chapter 5前半②)
  工業英検3級レベル問題(2)
テキスト(Chapter 5前半②)が理解できる
工業英検3級レベル問題(2)が解ける.
3週 17. テキスト(Chapter 5後半①)
 工業英検3級レベル問題(3)
テキスト(Chapter 5後半①)が理解できる
工業英検3級レベル問題(3)が解ける.
4週 18. テキスト(Chapter 5後半②)
工業英検3級レベル問題(3)
テキスト(Chapter 5後半②)が理解できる
工業英検3級レベル問題(3)が解ける.
5週 19. テキスト(Chapter 6前半①)
工業英検3級レベル問題(5)
テキスト(Chapter 6前半①)が理解できる
工業英検3級レベル問題(5)が解ける.
6週 20. テキスト(Chapter 6前半②)
工業英検3級レベル問題(6)
テキスト(Chapter 6前半②)が理解できる
工業英検3級レベル問題(6)が解ける.
7週 21. テキスト(Chapter 6後半①)
工業英検3級レベル問題(7)
テキスト(Chapter 6後半①)が理解できる
工業英検3級レベル問題(7)が解ける.
8週 22. テキスト(Chapter 6後半②)
工業英検3級レベル問題(8)
テキスト(Chapter 6後半②)が理解できる
工業英検3級レベル問題(8)が解ける.
4thQ
9週 23. テキスト(Chapter 9前半①)
工業英検3級レベル問題(9)
テキスト(Chapter 9前半①)が理解できる
工業英検3級レベル問題(9)が解ける.
10週 24. テキスト(Chapter 9前半②)
工業英検3級レベル問題(10)
テキスト(Chapter 9前半②)が理解できる
工業英検3級レベル問題(10)が解ける.
11週 25. テキスト(Chapter 9後半①)
工業英検3級レベル問題(11)
テキスト(Chapter 9後半①)が理解できる
工業英検3級レベル問題(11)が解ける.
12週 26. テキスト(Chapter 9後半②)
工業英検3級レベル問題(12)
テキスト(Chapter 9後半②)が理解できる
工業英検3級レベル問題(12)が解ける.
13週 27. テキスト(前期分のwrap-up前半)
工業英検3級レベル問題(13)
テキスト(前期分のwrap-up前半)が理解できる
工業英検3級レベル問題(13)が解ける.
14週 28. テキスト(前期分のwrap-up後半)
工業英検3級レベル問題(13)
テキスト(前期分のwrap-up後半)が理解できる
工業英検3級レベル問題(13)が解ける.
15週 Wrap Up 上記の項目について理解を深めることができる。
16週 試験答案の返却・解説 各試験において間違えた部分を自分の課題として把握する。(非評価項目)

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合70000030100
基礎的能力70000030100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000