英文法Ⅰ

科目基礎情報

学校 奈良工業高等専門学校 開講年度 令和02年度 (2020年度)
授業科目 英文法Ⅰ
科目番号 0011 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 機械工学科 対象学年 1
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 アトラス総合英語 English Grammar Navigator in 27 Lessons (桐原書店)
担当教員 金澤 直志

目的・到達目標

英語運用能力の素地を養い、特に英語の2技能(読み・書き)の確かな習得を目指す。文法を単元別に学習することにより、各単元の知識を深め、将来必要とされる正確な文法分析力、英語表現力の育成と定着を図る。英語Ⅰ(3単位)と連携をとりながら、総合的な英語力を高める。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1基礎的な文法事項や構文を理解し,正しく運用することができる。基礎的な文法事項や構文を理解し,おおむね運用することができる。基礎的な文法事項や構文を理解し,正しく運用することができない。
評価項目2身近な事柄について、既習の文法を用いて、正しく表現することができる。身近な事柄について、既習の文法を用いて、おおむね表現することができる。身近な事柄について、既習の文法を用いて、正しく表現することができない。
評価項目3英語表現に必要な語彙の意味を理解し、英作文で正しく用いることができる。英語表現に必要な語彙の意味を理解し、英作文でおおむね用いることができる。英語表現に必要な語彙の意味を理解し、英作文でただしく用いることができない。

学科の到達目標項目との関係

準学士課程(本科1〜5年)学習教育目標 (3) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
単元別に文法事項を学習していく。学習内容における英語文法力の定着を促すために、単元ごとに小テストを行うようにする。教科書を中心に講義を進め、補助教材で各自が復習を行い、問題を解く速度を上げていけるようにする。
授業の進め方と授業内容・方法:
学習単元を徹底理解するためには、予習復習は欠くことができない。新しい単元を学習する際には、必ず各自が予習を行い、文法理解の妨げにならないよう未習の単語などは調べたうえで講義に臨むこととする。
注意点:
講義中は、ノートを取り、復習に役立てるよう工夫すること。
事前学習:各章の右側のページ(奇数ページ)にあるExerciseを解答しておき、ノート提出できるようにしておく。
事後展開学習:授業中に作成した「板書用ノート」をみながら、復習し、クイズやテストに備える。

学修単位の履修上の注意

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス 授業の進め方と説明
2週 動詞と文型(1) SVC
3週 動詞と文型(2) SVCからSV
4週 動詞と文型(3) SVからSVO
5週 動詞と文型(4) SVOからSVOO
6週 動詞と文型(5) SVOOからSVOC
7週 時制(1) 過去形、現在形
8週 まとめ・復習
2ndQ
9週 時制(2) 進行形
10週 時制(3) 未来形
11週 文型と時制の総括 まとめ
12週 完了形(1) 現在完了形
現在完了進行形
13週 完了形(1)(2) 現在完了進行形
過去完了形
14週 完了形(2) 過去完了進行形
未来完了形
15週 まとめ・総復習 これまでの学習のまとめ
16週 前期末試験
後期
3rdQ
1週 映画で英語 Handout No.1 映画で英語
2週 映画で英語 Handout No.1 映画で英語
3週 助動詞(1) 能力・許可
4週 助動詞(1)(2) 義務・必要
5週 助動詞(2) 可能性・推量
6週 助動詞(3) need/ used to
7週 助動詞(3)、態(1) 助動詞+have+過去分詞
受動態の基本形
8週 まとめ・総復習
4thQ
9週 態(1) SVOOの受動態
10週 態(2) SVOCの受動態
11週 態(2)、不定詞(1) 注意すべき受動態
3用法
12週 不定詞(1) 3用法
SVO+to不定詞
13週 不定詞(2) SVO+to不定詞
不定詞意味上の主語
14週 不定詞(3) 使役動詞・知覚動詞を使った表現
15週 まとめ・総復習 これまでの学習のまとめ
16週 学年末試験

評価割合

試験小テスト課題発表その他その他合計
総合評価割合3020252500100
基礎的能力0202500045
専門的能力300000030
分野横断的能力000250025