文章表現法I

科目基礎情報

学校 東京工業高等専門学校 開講年度 平成28年度 (2016年度)
授業科目 文章表現法I
科目番号 0003 科目区分 一般 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 一般教育科 対象学年 1
開設期 通年 週時間数 1
教科書/教材 プリントを配布する/樺島忠夫ほか『日本語チェック2000辞典』(京都書房)
担当教員 青野 順也,舩戸 美智子

目的・到達目標

1.文章表現で用いる文体・表記・用語などを適切に選択できる。
2.現代日本語及び日本語文法の特徴について説明できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1書きことばと話しことばの違いを,文体・語彙などの観点から説明できる。書きことばと話しことばの違いを説明できる。書きことばと話しことばの違いが分からない。
評価項目2現代日本語の特徴について,種々の観点から例を挙げながら説明できる。現代日本語の特徴について,(たとえば敬語など)特定の観点から説明できる。現代日本語の特徴について説明できない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
 現代社会は,インターネット環境の整備・普及以来,誰もが日常的に自分の意見を自在に書き,発表することが可能となった。しかし,改まった場でどう振る舞えばよいのか,誰もが一度は当惑するように,改まった文書を書く必要に迫られたとき,どのようなことばを使えばよいのか,誰もが一度は悩んだことがあると思われる。たとえば,「ようこそおいで『ください』ました」と「ようこそおいで『いただき』ました」の「いただく」と「くださる」とのあいだには,どのような違いがあるのだろうか。
 この授業では,以上のような問題意識のもと,受講生諸君とともに文章・表現について議論を深めていくことにしたい。
授業の進め方と授業内容・方法:
 教員からの解説を中心に進めていくが,トピックによっては受講生諸君の発表によって進行していくこともある。臆することなく,積極的に参加してほしい。
注意点:
 小テストは欠席すると0点となるので注意すること。いかんともしがたい事情があって追試験を希望する場合は,その旨を書面などに記したうえで申し出ること。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス 1年間の授業の進め方について理解する。
2週 文章表現を学ぶ意義1「ノートの取り方など学習の準備,心構え」 すべての授業に通じる学習方法の基礎を理解する。
3週 文章表現を学ぶ意義2「言語決定論」 ことばと思考の関連を説明できる。
4週 文語と口語 話しことばと書きことばの違いについて具体例を挙げて説明できる。
5週 国語の表記1「日本語表記の歴史的変遷」 漢字と仮名の歴史的関係を説明できる。
6週 国語の表記2「現代日本語の表記」 現代日本語表記の特徴を理解する。
7週 前期中間試験 ここまでの学習をふまえ,設問に対して的確に回答する。
8週 前期中間試験 返却・解説 前期中間試験を振り返り,理解が不十分だった事項の復習をする。
2ndQ
9週 よりよい文章を書くために1「文章の構成,補助記号」等
文章を書くときの基本的な規則を身に付ける。
10週 よりよい文章を書くために2「日本語の特徴・文法」等 文章を書くときの基本的な規則を身に付ける。
11週 よりよい文章を書くために3「日本語の特徴・文法」等 文章を書くときの基本的な規則を身に付ける。
12週 テーマ作文1 ここまでの学習をふまえて,教員から提示されたテーマで作文を執筆する。
13週 テーマ作文2 ここまでの学習をふまえて,教員から提示されたテーマで作文を執筆する。
14週 テーマ作文3 ここまでの学習をふまえて,教員から提示されたテーマで作文を執筆する。
15週 前期末試験 ここまでの学習をふまえ,設問に対して的確に回答する。
16週 前期末試験 返却と解説 試験の成果を振り返り,今後の学習に備える。
後期
3rdQ
1週 ガイダンス
待遇表現1「敬語の分類とはたらき」
後期授業の進め方を理解し,敬語を意味用法に応じて3分類できる。
2週 待遇表現2「適切な敬語表現」 通常語を敬語に改めることができる。
3週 待遇表現3「適切な敬語表現」 敬語と円滑なコミュニケーションとの関係を理解する。
4週 要約1「要約作成のポイント」 文章中の主張と例とを峻別し,制限字数内で要約を作成できる。
5週 要約2「要約作成」 文章中の主張と例とを峻別し,制限字数内で要約を作成できる。
6週 要約3「要約作成」 文章中の主張と例とを峻別し,制限字数内で要約を作成できる。
7週 後期中間試験 ここまでの学習をふまえ,設問に対して的確に回答する。
8週 後期中間試験 返却・解説 試験の成果を振り返り,今後の学習に備える。
4thQ
9週 レポート作成1「構成・参考文献・引用」 レポート作成の基本的な作法を身に付ける。
10週 レポート作成2「題材設定」 レポート作成にあたって題材を決定する。
11週 レポート作成3「執筆」 ここまでの学習をいかして,レポートを執筆する。
12週 レポート作成4「執筆」 ここまでの学習をいかして,レポートを執筆する。
13週 レポート作成5「相互評価」 友人の執筆したレポートを適切に評価する。
14週 レポート作成6「相互評価」 友人の執筆したレポートを適切に評価する。
15週 学年末試験 ここまでの学習をふまえ,設問に対して的確に回答する。
16週 一年間のまとめ 一年間の学習を振り返り,2年生以降の学習に備える。

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合5000102020100
基礎的能力5000102020100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000