情報ネットワーク基礎

科目基礎情報

学校 福井工業高等専門学校 開講年度 2017
授業科目 情報ネットワーク基礎
科目番号 0110 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 電子情報工学科 対象学年 3
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 http://www.ei.fukui-nct.ac.jp/user/tsaitoh/edu/internet/ に講義録を掲載
担当教員 斉藤 徹

到達目標

(1) インターネットがどの様に接続され動いているのか説明ができる。(RB2)
(2) メールやWWWといった主要なネットワークサービスの仕組みが説明できる。(RB2)
(3) ネットワークの基礎的なセキュリティ対策の方法について説明できる。(RB2)

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
仕組みの理解ノートを見ずにインターネット仕組みを説明できる。ノートを見ながらインターネット仕組みを説明できる。ノートなどをインターネット仕組みを説説明できない。
ネットワークサービスの理解ノートを見ずに主要なネットワークサービスの仕組みを説明できる。ノートを見ながら主要なネットワークサービスの仕組みを説明できる。ノートを見ても主要なネットワークサービスの仕組みを説明できない。
セキュリティ対策の理解ノートを見ずに基礎的なセキュリティの仕組みを説明できる。ノートを見ながら基礎的なセキュリティの仕組みを説明できる。ノートを見ても基礎的なセキュリティの仕組みを説明できる。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
ネットワークの基礎知識を理解するために、通信がどのように行われているかを理解し、
ネットワークを使うための基礎知識を講義によって理解を深める。
授業の進め方と授業内容・方法:
ネットワークがどのような仕組みなのか講義資料などを見ながら座学を行う。
実際のネットワークの機材や設定なども織り交ぜ、ネットワークの用語に
ついて理解を図る。
注意点:

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 インターネットの歴史と負荷分散・リスク分散 インターネットの生まれた背景を通して負荷分散やリスク分散について理解する。
2週 コンピュータインタフェース シリアル通信・パラレル通信の特徴を理解する。
3週 Ethernetの物理的構造 10BASE/5や10BASE/Tなどの物理的な構造を理解する。
4週 アナログ回線とWAN AM,FM,PM変調とアナログ電話回線、ADSL,光ファイバ通信などの方法を理解する。
5週 無線LAN IEEE802.11と無線LANの問題点について理解する。
6週 LANとEthernet 代表的なネットワークトポロジを理解し、CSMA/CD方式の特徴を理解する。
7週 IPアドレス MACアドレス,IPアドレスとルーティングについて理解する。
8週 中間試験 ここまでの内容をテストを通して理解を確認する。
9週 OSI参照モデル 物理層、データリンク層、ネットワーク層、トランスポート層および、TCP,UDPについて理解する。
10週 ポート番号とネットワークサービス ポート番号と、主要なネットワークサービスとDNSについて理解する。
11週 電子メールSMTP/POP/IMAP 電子メール配送の仕組みと問題点を理解する。
12週 WWWの仕組み URLやhttpなどの特徴を理解し、サーチエンジンの仕組みなども理解する。
13週 データ通信と暗号化 リモートアクセスや通信の危険性を理解し、公開鍵暗号のしくみを理解する。
14週 ネットワークとセキュリティ マルウェア対策とファイアウォールなどのセキュリティ対策について理解する。
15週 期末試験
16週 まとめ 試験問題の解答解説と全体のまとめ

評価割合

試験合計
総合評価割合100100
基礎的能力5050
専門的能力3030
セキュリティ基礎能力2020