体育B

科目基礎情報

学校 有明工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 体育B
科目番号 0051 科目区分 一般 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 創造工学科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 前期:0 後期:1
教科書/教材 イラストでみる最新スポーツルール(大修館書店)
担当教員 野口 欣照

到達目標

1.基本的なソフトボールの技術を身につけることができる
2.ベースボール型のスポーツの特性を理解できる
3.作戦を活かした攻防を展開してゲームができる

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1ベースボール型のスポーツの特性を理解し,基本的なプレーがゲーム中にできる.ソフトボールのルー ルを理解でき,10m 程度であれば意図し たところに投げるこ とができる.ソフトボールのルー ルを理解できず,10 m程度でも意図した ところに投げること ができない.
評価項目2ベースボール型のスポーツの特性を理解し,ポジションに応じたプレーがゲーム中にできる.ソフトボールのルー ルを理解でき,20m 程度であれば意図し たところに投げるこ とができる.ソフトボールのルー ルを理解できず,20 m程度でも意図した ところに投げること ができない.
評価項目3ベースボール型のスポーツの特性を理解し,作戦に応じたプレーがゲーム中にできる.ソフトボールのルー ルを理解でき,バント などができる.ソフトボールのルー ルを理解できず,バン トなど意図したとこ ろに打つことができ ない.

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 A-1

教育方法等

概要:
近い将来社会人になることを考え,個人のトレーニングと併せ社会性の育成を確立させる為にチームスポーツに親しみ,職場にお ける人間関係を円滑にする面や生涯スポーツの面からもレクリエーショ ンスポーツに精通し,将来的に余暇を利用し,スポーツに興じることがで きるようにしたい.更に運営や審判などができるようにし,スポーツを通して共同,責任,リーダーシップ等を身につける.
授業の進め方と授業内容・方法:
実技中心に進めていく
ルールテスト,実技テスト有り
注意点:
実技テスト評価 80%(新体力テスト含む), 小テスト評価 20%で総合評価とする.授業は「体育」に服装等を準備・参加して初めて「出席」扱いになる為,見学や欠席の場合は減点となる.

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 シラバス説明,新体力測定,集団行動 シラバスの内容を説明できる,自分の現在の体力を確認できる,号令に合わせ て(集団で)行進や方向転換などができる
2週 新体力テスト,集団行動 自分の現在の体力を確認できる,号令に合わせ て(集団で)行進や方向転換などができる
3週 新体力テスト,集団行動 同上
4週 ソフトボールルール説 明,キャッチボール ソフトボールのルールを理解できる,自分の意 図したところに投げることができる
5週 キャッチボール
ゴロ捕球,フライ捕球
自分の意図したところに投げることができる
正しい形で捕球できる
6週 キャッチボール,ゴロ捕
球,フライ捕球,バッテ
ィング
自分の意図したところに投げることができる
正しい形で捕球できる
自分の意図したスイングができる
7週 キャッチボール,ゴロ捕
球,フライ捕球,バッテ
ィング
同上
8週 実技テスト 自分の意図したスイングができる
9週 バッティング,ゲーム 自分の意図したスイングができる,メンバーと 協力してゲームができる
10週 バッティング,ゲーム 同上
11週 バッティング,ゲーム 同上
12週 バッティング,ゲーム 同上
13週 バッティング,ゲーム
14週 実技テスト
15週 ゲーム メンバーと協力してゲームができる
16週 ゲーム メンバーと協力してゲームができる

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合80000200100
基礎的能力80000200100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000