生産環境システム専攻

学科到達目標

(A) 世界の政治、経済、産業や文化を理解し、その中で自分自身が社会に貢献できる役割が何かを討論し、多面的に物事を考え、行動できる素養を持つ。

 (A-1) 社会科学および人文科学における興味ある事例について、また自分自身と他人との関わりや価値観の相違について、理解し論述することができる。

 (A-2) 健全な心身の発達について理解し考えを述べることができる。

(B) 自然環境や社会の問題に関心を持ち、技術者としての役割と責任について考えを述べる素養を持つ。

(技術者倫理)

 (B-1) 技術が自然や社会に果たしてきた役割を理解し、技術が環境や社会に及ぼす効果と影響について論述できる。

 (B-2) 環境や社会における課題に対して技術者に求められる役割や責任について論述できる。

(C) 機械、電気電子、情報または土木の工学分野(以下「基盤となる工学分野」という。)に必要な数学、自然科学の知識を有し、情報技術に関する基礎知識を習得して活用できる。

 (C-1) 数学、自然科学において、技術士第一次試験相当の学力を身につけ、それを基盤となる工学分野で利用できる。

 (C-2) 基盤となる工学分野に必要な基礎的情報技術を習得し、学習成果の表現に利用できる。

(D) 基盤となる工学分野およびその基礎となる科学、技術の知識と技能を習得して必要とされる技術上の問題に活用できる。

 (D-1) 基盤となる工学分野において、技術士第一次試験水準の問題に対して解答までのプロセスを示すことができる。

 (D-2) 基盤となる工学分野において、習得した知識を問題解決のために応用できる。

 (D-3) 基盤となる工学分野の知識や技能に加え、他の工学分野の知識を身につけ、これらの知識や技能を効果的に活用して、分野横断的な技術上の問題が解決できる。

(E) 科学、技術および情報の知識、基盤となる工学分野で習得した知識、さらに技術者としての実践的な知識や技能を活用して、自ら問題を発見し解決する能力を養う。

 (E-1) 科学、技術、工学および知的財産に関する情報を収集し、課題の解決に利用できる。

 (E-2) 習得した知識や技能を活用して課題に対して自ら適切に対処し、得られた成果を評価することができる。

(F) 具体的なテーマについて論理的な記述と説明および討論できる能力を身につける。

 (F-1) 学習成果を文章、図等を用いて表現し、口頭で発表、討論ができる。

 (F-2) 基盤となる工学分野において、学習の内容を英語で簡単に説明し、コミュニケーションを図ることができる。

(G) 習得した工学分野の知識を基に、課題の達成に向けて自ら問題を発見し、それに対処するための業務を自主的・継続的かつ組織的に遂行する能力を身につける。

 (G-1) 自己能力向上のために自主的・継続的に学習し、その成果を提示できる。

 (G-2) 学外の実習等を通じて習得した工学分野の知識や技能を活用して実践的業務を積極的に遂行できる。

学科シラバス

科目区分 授業科目 科目番号 単位種別 単位数 学年別週当授業時数 担当教員
専1年 専2年
一般 必修
英語特論Ⅰ 英語特論Ⅰ
0042 学修単位 2 2 冨永 和元
一般 選択
日本文学特論 日本文学特論
0043 学修単位 2 2 曾田 友紀子,小池 博明
一般 選択
技術の日本史 技術の日本史
0044 学修単位 2 2 二星 潤
一般 選択
外国史概論 外国史概論
0045 学修単位 2 2 久保田 和男
専門 必修
物性物理学 物性物理学
0021 学修単位 2 2 大西 浩次
専門 選択
数理科学Ⅰ 数理科学Ⅰ
0022 学修単位 2 2 林本 厚志
専門 選択
計測制御工学 計測制御工学
0023 学修単位 2 2 中島 隆行
専門 選択
マイコン応用回路 マイコン応用回路
0024 学修単位 2 2 小野 伸幸
専門 選択
生体情報工学 生体情報工学
0025 学修単位 2 2 荒井 善昭
専門 選択
知識工学 知識工学
0026 学修単位 2 2 古川 万寿夫
専門 必修
学外実習 学外実習
0027 学修単位 12 12 宮崎 忠
専門 必修
実践工学演習 実践工学演習
0028 学修単位 1 0.5 0.5 宮崎 忠
専門 必修
特別研究Ⅰ 特別研究Ⅰ
0029 学修単位 3 1.5 1.5 長坂 明彦
専門 選択
応用磁気工学 応用磁気工学
0030 学修単位 2 2 楡井 雅巳
専門 選択
高周波回路工学 高周波回路工学
0031 学修単位 2 2 柄澤 孝一
専門 選択
エネルギー工学 エネルギー工学
0032 学修単位 2 2 羽田 喜昭
専門 選択
材料強度学特論 材料強度学特論
0033 学修単位 2 2 長坂 明彦
専門 選択
応用設計工学 応用設計工学
0034 学修単位 2 2 北山 光也
専門 選択
流体力学 流体力学
0035 学修単位 2 2 戸谷 順信
専門 選択
構造材料力学 構造材料力学
0036 学修単位 2 2 永藤 壽宮
専門 選択
材料科学 材料科学
0037 学修単位 2 2 森山 実
専門 選択
水環境工学 水環境工学
0038 学修単位 2 2 酒井 美月
専門 選択
地盤工学特論 地盤工学特論
0039 学修単位 2 2 古本 吉倫
専門 選択
交通システム計画 交通システム計画
0040 学修単位 2 2 栁澤 吉保
専門 選択
土質工学特論 土質工学特論
0041 学修単位 2 2 松下  英次
一般 必修
英語特論Ⅱ 英語特論Ⅱ
0018 学修単位 2 2 山﨑 健一
一般 選択
倫理学特論 倫理学特論
0019 学修単位 2 2 鬼頭 葉子
一般 選択
理論経済学 理論経済学
0020 学修単位 2 2 二星 潤
専門 必修
物質科学 物質科学
0001 学修単位 2 2 板屋 智之
専門 必修
機能デザイン 機能デザイン
0002 学修単位 2 2 中島 利郎,楡井 雅巳,古本 吉倫
専門 必修
産業システム工学輪講 産業システム工学輪講
0003 学修単位 2 2 轟 直希
専門 選択
数理科学Ⅱ 数理科学Ⅱ
0004 学修単位 2 2 山口 博己
専門 選択
統計物理学 統計物理学
0005 学修単位 2 2 大西 浩次
専門 選択
量子物理学 量子物理学
0006 学修単位 2 2 西村 治
専門 選択
応用論理回路設計 応用論理回路設計
0007 学修単位 2 2 小野 伸幸
専門 選択
情報セキュリティ論 情報セキュリティ論
0008 学修単位 2 2 藤澤 義範
専門 選択
信号処理論 信号処理論
0009 学修単位 2 2 宮嵜 敬,鈴木 宏
専門 選択
マイコン応用 マイコン応用
0010 学修単位 2 2 芦田 和毅
専門 必修
特別研究Ⅱ※ 特別研究Ⅱ※
0011 学修単位 8 4 4 長坂 明彦
専門 選択
計算力学特論 計算力学特論
0012 学修単位 2 2 遠藤  典男
専門 選択
金属熱処理工学 金属熱処理工学
0013 学修単位 2 2 堀内 富雄
専門 選択
振動・騒音工学 振動・騒音工学
0014 学修単位 2 2 岡田 学,宮下 大輔
専門 選択
環境保全工学 環境保全工学
0015 学修単位 2 2 浅野  憲哉
専門 選択
都市デザイン 都市デザイン
0016 学修単位 2 2 西川  嘉雄
専門 選択
加工プロセス特論 加工プロセス特論
0017 学修単位 2 2 宮崎 忠